〜サロンカラーと市販カラーの違い〜 その1

今週は先週と違ってエライ暇でした


不思議とお客さんの流れってあるんですよね

しかし暇なときというのは


やることがなくなって


ぽか〜んとなってしまいがち…


そうなるとやる気がなくなって

マイナスの事を考えてはじめて

あとは負の連鎖…^^;


そんな経験は誰にでもあるはず


そんなときにオススメなのが


掃除‼︎


掃除って心もすっきりしてしまうから


不思議なものです♪



自分は店が暇でもブログが忙しいので


あまり動じませんが…笑


さて今日はカラーの話


【カラーの仕組み】


一般的なカラーは1液(アルカリ)と2液(酸化剤)を混ぜて使います
1剤のアルカリと2剤の酸化剤が混ざると化学反応が起きて活性酸素が発生します

この活性酸素が黒いメラニン色素を壊して髪を明るくします(脱色)

明るくしたら今度はジアミン(発色剤)が色味をつけていきます





先日 お客様から


『カラーせばそんときは いども時間経つと明るくなってな』


と言う相談を受けました



これはカラーをする上でしょうがない事なんです



なぜなのか?



↓ここにカラーレベルのチャートがあります


だいたい人の自毛は5トーン前後です

この5トーンの髪を7トーンくらいに染めてと言われたら


7トーンのカラーを使って7トーンに仕上げます

7トーンのカラー剤は一度9トーンまで脱色しちゃうんです


9トーンまで脱色したら今度は色味を発色させて7トーンまで落としていきます

なぜ一度9トーンまで上げるかというと

明るくしないと綺麗な色味が出ないからです


7トーンに仕上がった色味は紫外線やシャンプーをすることで


次第に褪色して元の9トーンに戻ってしまうんです


これが明るくなってします原因です





【これが市販のカラー剤だと】


市販のカラー剤だと


誰でも簡単に染められる(クレームがないように)ように


ブリーチ力は強く


発色も強くしてあります

強く脱色したためにダメージは強く


さらにダメージしている髪はキューティクルが開いているので


脱色も早くなります



市販のカラー剤は色がすぐ取れるし傷むと言われているのはこのためです



なので


・褪色して明るくなるのは嫌

・傷ませたくない方は


褪色を考えて5トーンで染めることです



反対に


・もっと色をはっきり出したいという方は


ダメージを覚悟して一度ブリーチしてから染めると

綺麗に染まります♪





そんな自分も今日暇だったので


髪を染めてもらいました


しかしカラーをすると嫌な臭いがしますね…(不快


これはアンモニアの仕業なんです




この不快な臭いについてはまた明日詳しく説明します


それでは!







0コメント

  • 1000 / 1000